好印象を与えること

面接小さな企業でも最低1回、規模が大きい場合は複数回面接があります。面接なしで合格することはありません。できるだけ相手にいい印象を与えることで合格の確率を高めることができます。

面接マナー

面接においては特殊な職業を除いてスーツで望みましょう。社会人として最低限のマナーは心がけましょう。

身だしなみのポイント

髪型は清潔感が大切です。ヒゲや長髪は悪印象となります。女性の場合メイクはナチュラルなものが好ましいです。スーツはシワや汚れは厳禁です。色も派手でなく清潔感が感じられる色を選びましょう。靴も汚れや履き古しに気をつけてください。爪もきちんと手入れをしておくこと。

事業内容を把握しておく

面接を受ける会社なのに何をやっている会社かわからない、こんなことは論外です。最低限会社概要、事業内容、採用情報はチェックしておきましょう。何故応募したのか明確に感じてもらうことが大切です。また競合会社など業界全体も調べておいた方がいいです。

面接時間には遅れない

当たり前のことですが、遅刻は厳禁です。早過ぎてもよくなく、5分〜10分前くらいに着くことが好ましいです。万が一面接に遅れそうな場合はできるだけ早めに連絡をしてください。

回答はあらかじめ用意しておく

企業が求める人材はビジネススキルと熱意がある志望者です。よく聞かれる質問で答えに詰まると転職に対するモチベーションが低いと受け取られます。一般的な質問にはあらかじめ回答を用意して、スムーズに答えられるようにしましょう。

面接のポイント

面接で気をつけておくべきポイントです。

前向きな回答をする

退職理由を聞かれたときに「残業が多い」「将来が不安」といった現状の不満を述べられても採用する側としては業務を任せる気にはなりません。「今の会社ではできない業務がしたい」「御社に志望した動機です」というようにチャレンジする姿勢をアピールすることで期待感を持つことができます。もちろん現在の会社で努力したことも伝えましょう。

短所を聞かれたとき

必ずといっていいほど面接で短所は聞かれます。その際仕事に関係する短所は話すのを避けましょう。もちろん嘘をつく必要はありませんが、ただ短所を述べるだけでなく、その短所に対してどのように向き合っているのか、どう克服しているのかアピールするといいです。工夫・改善は業務においても大切です。

失業期間の過ごし方

基本的に転職活動は在職中にすべきです。退職後に行うということは金銭的にも印象的にもよくありません。何事も準備が大切なのでそういった面も見られます。しかし退職後でも適切にアピールすることでプラスにすることもできます。スキルアップを図っていたなど積極的に行動していたことをアピールしてください。

志望理由

志望動機を聞かれたときは具体的に、簡潔に答えましょう。そのためにもきちんと面接先企業の業務内容や企業理念を調べておきましょう。

「仕事で大切なことは?」と聞かれた場合

こういうことを聞く場合あなたの仕事に対する取り組みや価値観が知りたいのです。難しく考えずに自分の言葉で誠実に答えてください。

NGなこと

面接ではNGとなることがあります。採用担当者はあえてNGを誘うようなこともしてきます。注意してください。

元気がない

挨拶は基本です。話し方や表情も明るく好印象となることを心がけてください。面接官と目を合わさない、オドオドしている、ふてくされているような態度は絶対にしてはいけません。

話は簡潔に

話すときは要点をまとめて簡潔にしましょう。まずは結論を、そしてその説明をすると伝わりやすくなります。

前職の悪口を言わない

何もなくて退職することはないと思います。しかし前職の悪口はどんな内容でもよい印象を与えません。退職理由を答えるときに出やすいので注意しましょう。

内部情報を話さない

前職の内部情報は絶対に漏らしてはいけません。特に最近はリテラシーに対して厳しいので、守秘義務に対して意識が低いと見られかねません。

面接官の本音

上記は面接時の一般的な対処法となりますが、実際面接官はどのように見ているのでしょうか。裏で聞いた本音の話です。

ほとんどの人が印象に残らない

ある程度の規模の企業の場合多数の人を面接しています。それだけ面接をしていると「ほとんど印象に残らない」そうです。100人中90人以上は印象がないのです。これは多くの人が「同じように自己PRをする」ので違いがわかりづらい、「論理的に自己PRができない」のがほとんどとのこと。自分からは面接官しか見えませんが、面接官からは一人だけではありません。数ある中の一人であることを自覚し、他の応募者にはない自分だけの個性を伝えることができないと厳しいといえます。

きちんと自分をプレゼンすること

書類選考後、二次面接と社長面接で合否を決定するとしても、面接はたかが3回ほど、時間にしても1〜2時間ほどでしょう。それだけの時間でその人自身を見極めることができるのでしょうか。全てを知ることができないからこそ、面接では限られた時間で自分をプレゼンしなければなりません。そしてアピールもダラダラするのではなく最初が肝心です。第一印象で興味をひかせないと印象に残らない組になってしまいます。

何をプレゼンするのか

中途採用にとって期待されることは時間をかけずに会社にプラスの効果をもたらすことです。それは直接の収益であったり、技術的なものであるかもしれません。また今会社にいる人間と同じように感じる人よりも、会社に足りない部分を補える期待を感じられる人の方が印象に残るでしょう。今いる会社の中で自分のどの位置にいるのか。例えば10人ほどのグループでリーダーとして業務をひっぱっている人は他の9人とは明らかに違います。リーダーでないとしても自分の役割はあるはずです。それをきちんと把握しまとめ自己アピールすればいいのです。

未経験の職種を狙う場合でもただ「頑張ります」では相手に響きません。職種が未経験でも経験していることがあるはずです。その経験が希望の職種にどう役立てることができるのか、もう一度考えてみてください。

会社を探す就職活動に役立つ転職サイトを紹介。求人数や各サービスのポイントなど比較しやすくまとめています。
転職サイトを比較する

転職支援サービス一覧

転職支援サービスを紹介します。

メイテックネクスト
エンジニア専門の転職支援サービスのメイテックネクスト。求人情報の紹介から内定、入社までの全ての転職活動をサポートします。もちろん利用料金はかからず、全てのサービスは無料で利用可能です。
DODA(デューダ)
DODAに寄せられる求人情報は20,000件以上。そのうち80〜90%が非公開求人です。求人情報は全てが公になっていません。突然の欠員や若干名の募集、極秘プロジェクトに携わる人材の募集など、一般公開できない求人が意外と多いのです。
パソナキャリア
非公開求人を多数ある大手転職支援サービスパソナキャリア。専任のキャリアアドバイザーが憧れていたメジャー企業へ転職や年収アップを実現してくれます。
パソナテック
パソナテックはパソナグループのIT分野に特化した人材サービス会社です。派遣、紹介予定派遣、正社員、その他パソナテックのエンジニア社員として働くなど多様なワークスタイルを用意してくれます。
ジェイエイシーリクルートメント
ジェイエイシーリクルートメントは極秘プロジェクトの求人が多数あるため他にはない求人があります。またJACは、コンサルタント自身が企業に通っています。最新情報や雰囲気、面接官の人柄まで、検討・対策に役立つ情報を事前にお伝えします。