転職回数の多さをどう説明すればいいですか

私は転職回数が多いのですが、面接の際にそれをどうしても上手に説明ができません。どのようにしたらいいでしょうか。

転職回数の多さをメリットに感じてもらえるように説明しましょう

転職回数が多い場合や、失業期間が長い場合など、転職活動にどちらかといえば不利な状況を抱えている方がいらっしゃると思います。この状況を自分の転職に不利とばかり考えてしまうのは、あなたのキャリアや転職活動を考える上で非常に勿体ないと言わざるを得ません。

それよりもあなたのメリットとして考えてみることはできませんか。もしあなたが転職回数が多いならば、多くの業界知識を持っており、これを貴社の業務に生かすことができるとか、失業している期間が長い場合は、業務に役立つこのような勉強をしていたとか、充電期間としてどれだけ力をつけているということを面接時にアピールをしてみてはどうでしょうか。

転職に関する事実は変更することができません。だからこそ前向きにあなたの現実と直面し、そして努力して乗り越えていくしかありません。 デメリットを意識するあまり、引っ込み思案になって、面接時にしっかりとした発言ができない応募者と、事実をメリットとして受け入れ、前向きな発言をする応募者。あなたが採用担当者ならばどちらを採用したくなりますか。

転職回数が多いという状況も、あなたの考え方次第で自信を持って答えられるはずです。自分自身でポジティブに考えられなければ、採用担当者が決してポジティブに考えないことを忘れないでください。

他のFAQを見る

他にもよく見られているFAQです。

資格があると転職に有利ですか
「資格があると転職に有利ですか」という質問。資格は転職に有利ですか。転職を考えていますが、私は何も資格を持っていません。「履歴書には空欄をつくらないように」といいますが、この場合資格欄はどうすればいいでしょうか。
正社員以外の経験も履歴書に書くべきですか
「正社員以外の経験も履歴書に書くべきですか」という質問。過去に試用期間中で辞めた経験や派遣社員・アルバイトとしての経験があります。これらの経験も職務経歴書に書いた方がいいでしょうか。
有給消化を認めてくれません
「有給消化を認めてくれません」という質問。転職先が決まりました。残っている有給休暇を消化してから、転職先へ入社しようと思います。
面接で「うちの会社での夢は何ですか」と聞かれたのですが、どう答えればいいのでしょうか
「面接で「うちの会社での夢は何ですか」と聞かれたのですが、どう答えればいいのでしょうか」という質問。まだ働いてもいないのにどのように答えたらよいのでしょうか。
就業している方が有利でしょうか
「就業している方が有利でしょうか」という質問。働きながら仕事を探すべきか、辞めてから探すべきか迷っています。就業中だと転職活動をする時間がとれないのですが、辞めてから探すのは不利となるでしょうか。